>blog



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



OHTO の Comforcil 2.0 が絶妙に…

OHTO の Comforcil(2ミリ芯シャープペンシル) が実に惜しい
 新製品かな?OHTO の Comforcil、2mm芯シャープペンシル。ホルダー(ドロップ式)ではなく、ノック式。このお値段(300円弱)で簡易研芯器つき、とか諸々心憎い。絵を描く人はちょっと試してみても良さそうよ。

 安いからってナメちゃいけません。文具屋さんの中で一番熱いのは実は安価シャープのコーナーだったりするんですから。地味ながらも熾烈な戦いが繰り広げられとるのです。
 OHTOはその辺、商品に対して真摯というか生真面目というか、優先すべきは何ですか、それに合わせてちゃんと作りましょうね、のさじ加減が好み。事務用品だけど安いんだから壊れやすくても文句言うな!とか言ったりしない。

 ちなみに目下私の中では、プラチナ万年筆の「PRESS MAN 0.9」(200円)ってのが常勝中。道具としてのシャープペンシル、としてはこの辺の年代で一旦完成しちゃってるんだろうね、これがもう隅々まで突き詰まっちゃってて、全方位可も無く不可も無く感が半端無い。ある種の終着点だでね、この路線でこれ以上はちょっと無理だと思うわ。
 で、今回の Comforcil は「そーそー、これが欲しかった!」で、これならその PRESS MAN との二本体制に耐えるかも!と期待したんだけど…、残念ながら軸の太さがね、私の好みじゃない。うっわー超おしい。

 全体的にはいい感じなので、改造したら化けるかも。ちょっと遊んでみる。マイナーチェンジ希望。

(→関連:文具好きの悩み


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。