>blog



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



OHTO の Comforcil 2.0 が絶妙に…

OHTO の Comforcil(2ミリ芯シャープペンシル) が実に惜しい
 新製品かな?OHTO の Comforcil、2mm芯シャープペンシル。ホルダー(ドロップ式)ではなく、ノック式。このお値段(300円弱)で簡易研芯器つき、とか諸々心憎い。絵を描く人はちょっと試してみても良さそうよ。

 安いからってナメちゃいけません。文具屋さんの中で一番熱いのは実は安価シャープのコーナーだったりするんですから。地味ながらも熾烈な戦いが繰り広げられとるのです。
 OHTOはその辺、商品に対して真摯というか生真面目というか、優先すべきは何ですか、それに合わせてちゃんと作りましょうね、のさじ加減が好み。事務用品だけど安いんだから壊れやすくても文句言うな!とか言ったりしない。

 ちなみに目下私の中では、プラチナ万年筆の「PRESS MAN 0.9」(200円)ってのが常勝中。道具としてのシャープペンシル、としてはこの辺の年代で一旦完成しちゃってるんだろうね、これがもう隅々まで突き詰まっちゃってて、全方位可も無く不可も無く感が半端無い。ある種の終着点だでね、この路線でこれ以上はちょっと無理だと思うわ。
 で、今回の Comforcil は「そーそー、これが欲しかった!」で、これならその PRESS MAN との二本体制に耐えるかも!と期待したんだけど…、残念ながら軸の太さがね、私の好みじゃない。うっわー超おしい。

 全体的にはいい感じなので、改造したら化けるかも。ちょっと遊んでみる。マイナーチェンジ希望。

(→関連:文具好きの悩み

メモシステム

システム化すりゃいいのか
 これでひとまず納得かな。

 何かっつうとシンプルにしておきたいタチで、メモ類もどうにかノート1冊に諸々を集約しておきたい。加えて、職業柄なのかなんなのかコピー用紙とかに図主体でガーっと書くように頭ができていて、それをなんかうまくとっておけないかなあ、と。
 その辺やっと解消できてきたかな、というのが上図(クリックで詳細)

 構成的には珍しくもないと思うんだけど、これのキモはアレです、付箋下敷き。それが冒頭で言ってる「1冊」で、システムの基幹。他はメモ効率を上げるためのオプション。
 いやホラ、こうやって構成要素を並べちゃうと、ノートをベースにしたくなるでしょ。そうじゃなくて、好きな紙に好きなだけガーって書いていいのに作業管理上はその付箋下敷きだけ見ればいい、ってのはありがたい。私が言うところの4次元思考にかなり近い形のメモシステムで、紙を記録媒体としてだけではなく情報処理装置として使うのがミソよ。

 …いや、どうなんだ。

モレスキンが絶妙に惜しい件

モレスキンが絶妙に惜しい件
 以前、モレスキンいいね!ってなことを書いたのだけど、実は現在ロディア(のいちばんちっこいやつ)を常用している。肌身離さず持ち歩くことが大目的なので、目下ロディア以外に選択肢が無い。

 モレスキンは私にとって文句無しなんである。私がミニノートに求める用途は、「肌身離さず持ち歩いて何でも雑多に書き込んで蓄積しておく」なのだな。それにはモレスキンの頑丈さはとてもありがたい。
 のだが、ライフスタイルが変化してラフな格好で外出することが多くなってしまった現在では、収納場所に困る。手ぶらでフラっとコンビニに行くときとかでもポケットに入っていてほしいのですよ、それにはほんのちょっとだけ、大きすぎる。実に惜しい。
 問題はその1点だけなのだけど、致命的でもある。

 で、用途的にてんで別ベクトルなロディアで妥協してしまうくらい、選択肢が無い。特に日本は罫線好きだよね、「無地」って条件つけただけで選択肢ほとんどゼロになる。大したこだわりもないのに、これだけ溢れてる商品群の中に選択肢がないってことは、私が手帳に求める要素ってよほど特殊なのだろうか、とか思ってしまう。
 …そんなことないと思うんだけどなあ?肌身離さず携行できる無地の手帳、欲しくない?

 VOLANT の XS+ハードカバー自作、かなあ?雑記帳模索の旅はまだ終わらない。

メモをするのだ

モレスキン
 ニワトリとタマゴ的な?

 もとより私はメモ帳を持ち歩いてちょこまかとメモするタチなのだけど、MOLESKINEという手帳を得てからというもの、メモの質がちょっと違ってきた感じだ。
 なんていうかな、メモっつうと本来まず書き込むことありきじゃんか。それがな、何か書き込むことはないかと色々見回したり考えをめぐらせたりすることが増えたような。メモするためのメモ、的な。んで、このいかした手帳に色々書き込んでる私っていかす!的な。

 いや、書き込むのが楽しいのよモレスキン。なんでかな。メモしてどーする?的などうでもいい思いつきから各種スケッチまで、2Bのシャープでがしがし描き込むの。傍から見たら不気味かもだけど、外出のお供にモレスキン。

 ここ最近のスケッチは携帯電話関連が多くって、人様の手元をじっと見ながらメモとってるけど、別にメールとか盗み見てるわけじゃないよ。

文具好きの悩み

文具やばい
 いい感じにフニャフニャな午後。昨日の戦利品をね。

 ときに、文具に限らず道具というものにおいて新たな一品を使い始めるということは、それまで愛用していたものを文字通りお蔵入りにしてしまうということなのであり、その点大変に悩ましい。
 本当は1つのものを長~く愛用したくって、それなら選ばなきゃいいのにとも思うけど、買う買わないは別にしてもあれこれ想像しながら吟味するというのは楽しいもので、しかも文具の場合は気になったらうっかり買えちゃう価格帯なのよね、そりゃ買っちゃうさ。(禁煙できない言い訳みたいだ)

 そうやって数多くのお蔵入りを排出しつつ、文字書き用として数年前から愛用してるのが OHTO の SP-505AM 。これは私が長らく思い描いていた、理想の文字書きシャープペンシルそのまんまで、見つけたときは小躍りした。
 これ以上は無いと思ってるけど…また数年後には買い換えちゃうのかなあ。自分内フラッグシップなシャープペンシルということでは、もう死ぬまでこれ一本でいきたいのだが?

 ちなみに絵描き用としては プラチナ万年筆 の PRESSMAN0.9。これはもう使いつぶして買い換え繰り返して、の超実用系シャープ。多分乗り換えない、一生ものだわ。廃番になりませんよーに。

(→関連:OHTO の Comforcil 2.0 が惜しい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。