>blog



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



限りなくグレーゾーンってどこやねん

限りなく透明に近いグレーとかそういうアレか
 シュールすぎ。意味が通じないだろうが!
 いや、通じる。通じるけど通じてはいない。灰∈灰? 灰⊂灰? その場合の白は?黒は?

 縄文時代の言葉最高!とかは全く思わないタチなんだけど、かっちょよく言い回して酔っぱらうのは個人の趣味でやっとけよ!何のための言葉だよ!と思うことは多々ある。覚えた端から言ってみたい3歳児か!繰った挙句でそれなのか!痒いわ!って。言葉遊びも大概にせえよ。

 んで、「限りなくグレーゾーン」だ。小沢さん関連でここ数日やたら耳にするんだけど、言葉尻ではなさそうで、いやいや何らかの意図が込められてるのかもわからんよ?と無理矢理噛みしめてみるとシュールで楽しくなってくる。ブンガクとかとは真逆方向に味わい深い。
 アレか、ニュースに見せかけた哲学漫談か。自己表現か。俺のグレーかっこいいアピールか。知らんがな。あるいは宇宙の外側はどうなってるの的な。裏の裏は表かよ。クレタ人がなんだって?

 「限りなくグレー」、私が認識できてないだけですでに定着してる言い回しだったりします?ちゃんと使えば使い道もありそうではある。積極的に使っていこう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。