>blog



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



瞑想(前夜)






カルトTV

アンチオカルトさんの論破の破綻ぶりがガチで怖い
 オカルト嫌いはオカルト嫌いというカルト。
 オカルトはいい、楽しく騙されてれば(私個人としては)実害ないし楽しいし。でもカルトはまずい。オカルトさんよりアンチオカルトさんの方が言ってることの破綻具合が酷い。

 オカルト嫌いな人の「外人が降霊してるのになんで言葉が日本語なんだよ!」みたいな、ハイ論破!な物言いを見聞きするにつけ、オカルト嫌いと科学好きは相容れないなあと思う。モノの考え方…オカルトに対する姿勢、自分が理解できないものに対する姿勢が真逆なのね。
 例えばお酒の席で出たそんな話に「お前もたいがいオカルトやぞ!」とか言ったりしない、むしろ屁理屈ごっこは楽しく乗りたい派だけれども、「科学的に~」とか「理論的に言うと」とかでドヤ顔だと、お前はナニ勝手に科学や理論の威を借りてンだそれは理論でも科学でもなく論破もできてないただのカルトだゴルァ!とツッコみたくはなる。
 降霊の例だと、外人が降霊→外国語話す、それ以外の可能性は見えないっていう直結がほらもうカルトっぽい。

 んで、テレビなんかはもうずっとそんな感じでみるみる劣化、カルト化が進んでいってて、夏の楽しみの1つであるオカルト系番組がなんか別の意味でオカルトになってるじゃねーかよ!怖くない!でも怖い!不思議!くーるーま!くーるーま!(口はパジェロと言っている)は怖かったよ!ああいう怖さはいらないよもっと夢のあるオカルト話くれよ!と。

 …って話のつもりだったんだけど、最近はあまりにもあんまりだし、もしかしたら劣化じゃなくてそういうネタかね。

OHTO の Comforcil 2.0 が絶妙に…

OHTO の Comforcil(2ミリ芯シャープペンシル) が実に惜しい
 新製品かな?OHTO の Comforcil、2mm芯シャープペンシル。ホルダー(ドロップ式)ではなく、ノック式。このお値段(300円弱)で簡易研芯器つき、とか諸々心憎い。絵を描く人はちょっと試してみても良さそうよ。

 安いからってナメちゃいけません。文具屋さんの中で一番熱いのは実は安価シャープのコーナーだったりするんですから。地味ながらも熾烈な戦いが繰り広げられとるのです。
 OHTOはその辺、商品に対して真摯というか生真面目というか、優先すべきは何ですか、それに合わせてちゃんと作りましょうね、のさじ加減が好み。事務用品だけど安いんだから壊れやすくても文句言うな!とか言ったりしない。

 ちなみに目下私の中では、プラチナ万年筆の「PRESS MAN 0.9」(200円)ってのが常勝中。道具としてのシャープペンシル、としてはこの辺の年代で一旦完成しちゃってるんだろうね、これがもう隅々まで突き詰まっちゃってて、全方位可も無く不可も無く感が半端無い。ある種の終着点だでね、この路線でこれ以上はちょっと無理だと思うわ。
 で、今回の Comforcil は「そーそー、これが欲しかった!」で、これならその PRESS MAN との二本体制に耐えるかも!と期待したんだけど…、残念ながら軸の太さがね、私の好みじゃない。うっわー超おしい。

 全体的にはいい感じなので、改造したら化けるかも。ちょっと遊んでみる。マイナーチェンジ希望。

(→関連:文具好きの悩み

黒幕の見える化

会長・・・・っ!
 おざわ・・・

 小沢さんが黒幕で云々とか言ってるけど、見えてたら裏じゃないじゃん、っていう。彼自身そこそこ裏側にいると思ってるけど、そう自覚してしまう程度の表っぷりだからね。裏にはもっと強大な黒幕がいてさ、何から何まで予定通りやねん。愚民共の好き勝手な御託も含め全部隅々まで予定通りだわカッカッカ!
 ていうか予定ですらないわ、サイコロ振って7が出ないのはわかりきっとるじゃろうが!みたいな当たり前さでもって世界は彼らの手の中。社会の裏側はこうだ、みたいな話とか屁が出るわ、貴様らが見てるそこが裏だと思ってか!ぐわはははダンスダンスキュッキュッ!ちょっとモルダー呼んできて!

 …という脳内設定。裏の実際は全く存じませんけども、表から見ても愉快な雲行きここに極まれり。政治に文句ある人は、どうせならその見識の広さ?でもって「ほーら政治はこんなに面白い!」って方向が効果的だと思うのよ、色々。そういう息巻きならむしろ巻かれたい。外野スタンスの無責任な愚痴とか聞いててもつまらんもの。

 美味しい切り口そろってるでしょ、このタイミングなら より愉快な気持ちで聞けそうじゃん?

あけましておめてとうだこのやろう。

腹が痛い
 意味のわからない腹痛で年を越す。

 初日の出見てから寝ようかな、と思ってたんだけど、ちょっとお腹に違和感を覚えて無理せず就寝。で、腹痛で目が覚める。起き上がれなーい。
 ぐるぐるする頭で何か変なもの食べたっけ?とかガガガと思いも巡らすものの思い当たらず。正露丸ではどうにかなりそうにない感じの、あまり経験したことのない類の痛さにおののく。なんかその、何も予測できない感じが恐ろしい。波とか突然だもの、外出も断念。
 白々とした快晴の正月日和がうらめしい。意味のわからない腹痛はなまじっかな激痛より怖いわ。

 おせちとか無し。本式屠蘇(薬酒ですね)と、七草粥を少々。図らずも本格的なお正月。

 そんな年明けだこのやろう。今年はいい一年になりそうだな!

サイハテ

サイハテ
 ひとり深夜に嗚咽を漏らす。何度でも。

 「ライカ犬」「ライトスタッフ」あたりの単語にピンと来る人は特に是非。全てが詰まった怒涛の2分42秒。刮目して観よ。

※右下のマークを押すとコメント消せますよ↑
※歌詞が聞き取りにくいという人はこちらを→【原曲作者さんサイト】
※時間帯によっては激重です。


 いや、なんかもう色々すごいのよ、隅々まですごい。ある種の奇跡的化学反応が。神がかり的。全部完璧。ここから何か足したり削いだりする要素が見当たらない。
 何がそんなヤバいのかって…あああだめだコレは説明したらはダメな気がする、これで全部だ、あますところ無く描き切っている。各自の知りうる範囲で存分に堪能すればいい、それでいい。

 今までの人生の中でヤバかったもの10本指に入る。大袈裟ではなく。NHKみんなのうたで流して、フィルター無しな年頃の子供達を複雑な感情の渦に巻き込んでやりたい。

 →関連記事:「はやぶさ帰ってくるよ!」

Google切ないビュー

私は確かにそこにいたのだ
 Googleストリートビューでうっかりなにやら見てしまい。

 なんていうかな、これは反則だわ。当時の流行り歌が引き金で甘酸っぱく回顧録、とかいうレベルではなくほぼそのものがそこに。私はそのとき確かにそこにいたのだ、っていう生々しさはどうだい、せっかくセピア色まで褪せさせたのに一気に総天然色まで引き戻される。うっかり吐血ものですよ?
 従来の、このぐらい記憶を霞めておけば大丈夫かな的アプリも更新しどきか。脳障害で記憶を消せない人というのがいるらしいけど、そのキツさを垣間見た気がする。

 まあ、感情のいなし方を身につけてるお年頃なので平気なのではあるのだが、この先、音とか匂いとかまで記録されるようになっていったらヒトはいったいどうしたら。

ピタゴラガイスト

ピタゴラ装置DVDブック
 本屋から帰ってきたら見知らぬ本が。ひいい。

 いや、もちろん、おもいっきり見知ってる。参考書を買いにいったつもりが、気付けばフラフラと ピタゴラ装置DVDブック だけ買って帰ってきてしまっていた、と。アホか。

 かねてより「ピタゴラ装置まとめたDVD出たら徹夜の時とかエンドレスで流しっぱにするのに」とか言ってたのだから出たからにはいつか買わねばなるまいと思ってたし、頭を潤す資料という意味では参考書なんかより重要と言えよう。
 …だからって今買わなくても、という気はした。2冊いっぺんに買わなくても、とも。ていうか、目的外の本を買うのは構わないから目的の本もちゃんと買えや。

 ドーンと平積みにしてるのを見ちゃったら妙に気分が高揚しちゃって。ひいい。

素材のお時間

素材1
別件で作成した画像、の副産物。(クリックで同窓表示)

なんか秋っぽいなあ、これからの季節には使えねーや…という場合はこちら。
素材2_垂直反転
垂直反転しただけであら不思議。ちょっと前向きムードで初夏っぽい?

線を太くするとまた違った雰囲気に。
素材3_線太く

90度回転でまた別の使い所に。
素材4_90度回転

色相変えて季節によって使い分け、とかしやすい図案かと。
私自身どこかで使うかも知れんけど、よければご自由に。
(画像消したりするかもしれないのでダウンロードして使ってね)

OSを自作するのだ!

OS自作ですと?

 資料探しに本屋に走る。ついでに寄り道っつうかActionScript3.0身につけるなら今のうちだよなーとか言いながらそっち系のコーナーへふらふらと。

 で、うっかり見つけてしまったのが、「独習アセンブラ(翔泳社)」。うわ、やばい。NASMっていうフリーのx86アセンブラがあるんですってよ。「Z80マシン語入門(工学社)」のいかにもな雰囲気にときめいて以来そっち方面はとんとご無沙汰だったので、これを機に再開してみるのも一興か。ふんぬー。
 もひとつうっかり、「OS自作入門(毎日コミュニケーションズ)」。うわー、自作してみてぇー。中の挿絵がまた懐かしい感じ、なのは意図的だろうか。

 …結局、悩んだだけでどっちも買わなかったけどな。老後の趣味にするために今のうちに買っとくべきか。
 で、目的の資料の方は見つけられず。資料探しという名の気分転換。

ヘイブラザー!

ブラザーあやうし?
インク売ってねえ!廃番になるの早ぇよ!
と思ったら家電の階にあった。ファックスのインクリボンコーナーに。

ぽつねん

しょぼぼ

 部屋が決まるまでということで居候してた友人が、サクっと新居を決めちゃって早々に出て行ってしまわれた。

 夕飯もね、誰かと食卓を囲むと思えば最低でも汁物+1皿ぐらい作るじゃん。でも、ひとりで食べるとなると質素になるっていうか粗末になるっていうかどうでもよくなるっていうかどんぶりにお米盛って適当に炒めた何かをぶっかけてできあがり、皿洗いもらくちんていうか使う皿がなくなるまで洗いものしないし、みたいな。
 部屋の隅に構築されてゆくサグラダファミリアも美しきかな。

 いや美しくない。ひとりスラム街。自由すぎると荒む構図がここにある。

同居

るんるん♪
 もちろん、汚い部屋が好きというわけではなく。

 そのままでいいかあ、とも思ったのだけど、やっぱし二人で生活するなら二人で生活するなりの空間の使い方というものがあるわけで、そのための掃除や片付けは苦じゃない。むしろ好き。
 だからといって綺麗にするつもりは無ぇー。片付きすぎた部屋は生活しにくいのんじゃあ。適度にちらかってる状態で完成形、というのが極意。そういうデザイン。使うほどに崩れていくデザインは嫌い。

 整理や片付けは好きだけど、片付けた後で片付いてなくてもいい、っていう、ある意味純正の片付け好き。

ユニクロ×キティ

ユニクロ×キティ
 なんかこう、ぐっとくる。

 キティちゃんは基本的に苦手だ。苦手なんだけども、あのCMの気ぐるみキティちゃんはアリだ。おおいにアリだ。なんでかって、私はミッフィーちゃんが好きなのだな、そういうことだ。

 って、いや、どういうことか。多分こう、立体造形的に云々といった辺りに絡んでるものと思われ、私の中では明確に線引きがなされている。アリコちゃんとかもかなりいい線。(景品の「お座りアリコちゃん」はアウト)

 しかしキティちゃん描くの超難しいな。

浦沢やばい

もう漫画じゃない
 浦沢直樹すげえ。
 「NASA」は、なぜだか私の支えの1つになっている。

 浦沢直樹氏はもうすでに漫画を描いてない気がする。読めば確かに面白い、普通に面白い。でも、それ以前の部分で、というか、その普通っぷりがやばい。普通に面白いのがやばい。凄くないっぷりがすごい。ごく当たり前な?当然な感じ?で、正攻法と言うか正常進化というか、突飛なことしてない?のに、なんかやばい。上手く言えないのだけど。

 この先、このジャンルってどうなっていくんだろうか。

NOSCRIPT,NO ENTRY?

noscript
 <NOSCRIPT> で魔法を。
 いや、イカサマを。

 トップページは1件のみ表示、の意図の1つには、本来であれば「画像いっぱい並べちゃうと表示がガガガってなってウザいからせめてトップページだけでもそれを避けたい」というのがあるんだけど、それを display:none で実現しちゃうと、見た目は全部表示されてるのにブラウザがなんか読み込んでる~なに読み込んでるの~?な感じでイヤン。

 まあガガガってならないだけでもいいか、ということで display:none でやってたんだけど、いや待て、はたして noscript ならどーなのよ?と思いついたんですが。
 画像自体以外の余計なものを読み込んでるのは変わりないわけで無理矢理感もより一層、な気もするけど気にしない。

 なかったことになってたら良いのですが。


アイドリング?

ロッキーのテーマで
 アクティブ!アクティブ!
 ねー、すぐ楽な方に流れちゃっていくない。もっとぐりぐり動かないと楽しくないじゃないかー。S神氏に感謝。

 ところで非アクティブな状態のことは日本語的にはなんて言えばいいのかね。アクティブの反対だからってパッシブってのもなんか違うし。

 んで、エンジンとかで「アイドリング」ってあるじゃない。あれって、idle=怠けて時間を過ごす、って意味だったのね。後からがんばる為に暖気してるのさ~的な意味で「今アイドリング中~」とか言い訳したりするけど(しない?)、あれはそのまま正にアイドル状態だったというわけか。

 暖まってないのに長時間アイドリングするのはエンジンに良くないので要注意だぜ。暖気のつもりなら低負荷走行を。

DPZラジオ

乙幡啓子嬢
 低血圧セクシーボイスでバッサリ切るおねえさん。べつやく嬢を冷たくあしらうのは愛ゆえだろうか。

 はじめて中島みゆきのトークを聞いたときにその不思議ちゃんぶりと歌のギャップに驚いたけども、一般的に中島みゆきの歌から想像される中島みゆき像は、例えば乙幡さんのようなキャラクターではなかろうか。

 んで、彼女が書く記事がこれまたグッとくる。いいトシした大人の女性がいっしょうけんめい何をやっているのかと。いっしょうけんめいだけどゆるゆるだぞと。女だてらにはんだごてとか握ったっていいじゃないかと。
 ちょっと憧れる。

■参照
デイリーポータルZ/デイリーポータルZラジオ/火星航空


脳みそ攪拌にホワイトボード

白い奇跡(聖飢魔II)
 業務用の、ばかでかいやつ。
 煮詰まってる時とか、机にかじりついてるとムキーってなってくる。精神衛生上いくないので、ホワイトボードをバカでかいやつにしてみた。

 私は案を練ったりするときに部屋中ウロウロしたりするのだけど、それでは思いついたものを即座に書き留めることができないのが難点だ。その点、ホワイトボードなら出てきたものを熱いうちにすぐ書(描)けて、練り始められる。書く・消すが早いのもいいところで、ガーっと書く→要らないものはサッと消す、その繰り返しで練り上げが早い。立ったまま、体を使ってガーっとひとりブレインストーミング。大きいホワイトボードはその「体を使って」部分の威力がデカい、これは快感だ。
 で、机に戻る頃にはもう出すもの出した後なので、上機(上気?)嫌でサクサクはかどるのだ。ペンは安物使っちゃダメよ、高速描写にインクの出がついてこないから。

 脳味噌の静と動を場所(机⇔ボードの前)で意味づけする、というのも私的には功を奏しているのかも。目先の目標とか標語とかをドーンと書いてみるのもちょっと楽しい。自宅にオフィス家具がある、ってのもなんかかっちょいいじゃんか。

 これはちょっと、いいかもですよ。お金持ちになったら、だだっ広い部屋で壁の一面がまるまるホワイトボード、とかやってみたい。

おなかがすかない

お腹が空かない
空腹中枢が壊れてるんちゃうか。
 私は基本的にお腹が空かない人で、一人で街を散策するときなんかは朝から帰宅まで何も食べなくても平気。

 いや、厳密には平気ではなくて、なんか疲れる、なんか頭が回らない、力が入らない、体温が下がる、といった症状(?)で空腹であることを知る。そんなときに旨そうなにおい(美味しそうな、ではなく。豚の角煮とかそっち系のにおい)を嗅ぐと急に空腹中枢が目を覚まして爆発的に腹ペコになるんだけど、それは夕方になってからで、それまでは、まあ平気。
 だけども食欲自体は人並みにあるらしく、一日中何も食べずにいると夕食のお米がどんぶりになってしまうのだな。
 そんな食べ方をしても太らない体質なのは親に感謝だけども、太らないにしろ体には悪いよねえ。

 とか言い訳してビアードパパとか頬張ってみたり。空腹中枢と甘味欲求は別なんじゃあぁ?

風が強い日

ぜったい何か壊れとる
 トタンが飛んだような音とか。
 せっかく晴れたのに風が強いので家でおとなしく洗濯とか部屋の片付けとかしてたんだけど、ガチャンとかバキンとか、あらゆる方向から何かが壊れたような音が。突風がくる度に派手な音が。一日中。

 壊れてる。絶対なにか壊れてるって。飛んでるって。

_blank を排除

_blank
 だって、ウザかったんだもの。
 ノートパソでFireFoxというタブブラウザを使い始めた私なんですが、慣れるにしたがって蓄積するイライラが。ウェブサイトとはどうあるべき的一家言あるっぽい人達がよく言うように、target="_blank" がめちゃウザなのじゃよ!
 その勢いで、サイトから _blank を排除してやったわ。ついでに、それに合わせてデザインもちょちょいと変更だ。でりゃー。

 んで、タブブラウザを使うからには「有無を言わさず同窓で開く」って設定(もしくはショートカット)は必須だよねーなんつうて探してみたんだけど、これが無いみたいなんですよ奥様!なんでだよ!当たり前に用意してあると(勝手に)思ってたよ!
 …なるほど、一家言あるっぽい人達が _blank に憤るわけだ(注)

 でも、私の主な作業環境(デスクトップパソ=Win+IE6+高解像度モニタ+トラックボールもしくはペンタブレット)だと、適度に blank が指定してあるサイトの方がリアル机上の感覚に近く(MacOSXのように?)使えて便利だったりする。
 まあ慣れの問題だろうけど、ちょっとはやまったかも。

 ていうか、サイトデザインはもう変えまいと思ってたのにかえちゃったことの方が。もう向こう三年はデザイン変えないからな!(自信ない)

注) でも、その「一家言あるっぽい人達」が _blank を嫌うのは、ウザいからとかそういうアホな理由ではないと思われる。そんな単純な話なら一家言魂な人達はそういうプチアプリを開発して広く配布するはずだし、ブラウザ側もそういう設定やショートカットを用意するっしょ?節操の無いIEでさえそのショートカットを用意してない。…ってことは、「ウェブページたるもの、同窓で開くのは閲覧者側ではなくサイト側が設定して然るべき」といった、確固たる?本質的な?理由があるのだと察するが…どうなの?
 少なくとも、IE6 と FireFox2 にはそんなショートカットは無い模様。ご存知の方は教えてたもれ。

追記)この件については、とある方から target指定を乱用してるのは日本のサイトぐらいでは?とのご意見をいただいた。IE(否日本産)にそのショートカットが無いのは信念とかではなく必要無いから(≒需要が少ないから)、といったところだろうか。なるほど。
 そういえば携帯電話とか見てもそうだけど、日本人て、小手先でやれることはやってみちゃいたい気質なのかしら。便利機能てんこ盛りで不便になってりゃ世話ないのである。電話としてちゃんとデザインした携帯電話出しておくれよ。


FireFox

FireFox
 最近、ノートパソの方でIE(6)がごねがちさんでかわいくない。で、久々にFireFoxを引っ張り出してみたらついでにFireFox子とか発掘してしまい照れるの巻。何を描いてるのかと。レッサーパンダを意識して、今はやりの(?)メガネっ子。

 …こういうお遊びは嫌いじゃないのだけどね、この手のキャラクターって、どうして幼女ばかりなんだろうか、不思議。おじさんとかおばちゃんとか色々いた方が楽しくね?(ん、そういうことではないのか?)

 そうそう、FireFoxと言えばこんなのみつけた。頭悪い(この場合褒め言葉)よなあ、いつまで残ってるかな。こういうことしなくちゃだわ。

人生色々あらぁな。

のんだくれ
 …おぼれとるやんか。
 なんかな、もうな、楽しいこと考えよう。

 あれしたら楽しいな、とか、あれがしたいな、とか、そういう思考回路をガチガチに封じられて数年過ごしてしまったもんで、楽しいスイッチがゴチゴチに錆びついちゃった感じだ。CRC-556黒霧島で割って呑んだろかい。
 楽しいことに貪欲になる感覚を取り戻さねば。急いで時間を取り戻さなきゃ。ぶつぶつ言ってたらあっというまに老後だい。カムバック、ネタ三昧の日々。

 とか、酔ってる今はテンション高いからいいけれど、明日になったら後悔しそうなエントリですねこれ。

追記:酔いが醒めて見てみても別に後悔はせんかったけど人のせいにしちゃいけないなと反省した。

旨い焼酎みっけた

美味♪
 芋焼酎が好き。
 いいちこも旨いけど、あれはどちらかというと、気分良くなりたい時に呑みたいお酒。

 今回みつけた黒霧島というのが、適度にクセがあって、ちょっと重めで、「呑んでる」って気になれる感じ。呑みたいときに呑みたいお酒。旨い、というよりは私の口に合う感じ。

 さて。ひとしきり飲んだくれたことだし、気をとりなおしていきますよ。
 お酒におぼれてる場合ではないのだ。

無題

ありがとうさようなら


二キータとイタメシ

ニキータ
 略称っぷりが恥ずかしい言葉、「イタメシ」。
 なんかね、LEON(雑誌)とかで特集されてそうな(偏見?)、なんだか恥ずかしい響きだなあ、と思ってんだけど、バブル期に生まれた言葉なのだそうで、なんだか納得。

 あまりにも恥ずかしいので深く考えることを避け、自分の中では「板前飯→寿司」ということにしてたんだけど(それだって恥かしいけど)、「イタリアのメシ」の略称だと知って、恥かしい度アップ。そこまで恥かしい言葉だったとは。
 …なぜだ。何が恥かしいのだ。自分でもよくわからないけど、イタリアンがお洒落で珍しいものだった時代にそれをわざわざ粗暴に言い換えることで行き慣れてる感やワイルドっぽさ?を演出しちゃってる感、がなんだかLEON(雑誌)っぽい感じ、なのかな。普通に食べようよ。

 ところで、某所に緑・白・赤な店構えの、その名も「イタメシ屋」というお店がある。その外装と上記の思い込みにより、フレンチ風寿司とかを出す創作料理店?と思ってたのだけど、そういえば緑・白・赤はフランスではなくイタリアやんな。その間違えの方が恥かしい。

 ニキータもイタリアではなくフランス映画だ。まちがえた。

電車内で

ペースメーカー誤作動
 携帯電話を使ってる人を指差しながらぶっ倒れる
 …というドッキリ企画はどうだろう。

細井君 #2

細井君 第2話


細井君 #1

細井君 第1話



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。