FC2ブログ
 

>blog



発注ガイスト

2009.03.23
「レオナルド・ダ・ヴィンチの手記(上)」
 上巻が2冊。あるある。
 いや、ねえよ!

 アマゾンこのやろう!っつうて注文確認メール見直したらばっちり「数量:2」って。
 例によって自分が犯人な。あるある。

 ねえよ!

大掃除ガイスト

2008.12.29
お茶がうまい
 床の散らかりっぷりが目に付いたのでとりあえずで手をつける。そしたら「床」スイッチが入っちゃって、雑巾がけまで進んでひと満足。

 気まぐれ着手でピンポイントに突き進む、これがよくない。ああそうか大掃除の時期でしたねっつうて目に付いた端から棚・桟・エアコン、と進めるわけだがハタと気付けば床がホコリまみれのぐっちゃぐちゃアゲイン。なんじゃこりゃああ。
 戦意喪失してホコリ含め床に散らばった諸々を部屋の隅にぐぐいと押しやる。結果、あんだけ動いて元通り。マジ超常現象。

 そうして部屋の隅に四季折々の地層が蓄積されゆく様はいとおかし。心頭滅却すれば部屋の散らかりも気にならないのだからして、ひとり暮らしに何の不都合があろうか。

 掃除の基本は「高いところから」ですのよ奥様。やかましいわ。

X-BOX

2008.11.27
二度と開けないなら捨てればいいのに

 あとで整頓するつもりで小物をガサガサと入れちゃったダンボール箱。大掃除の度に開かずのダンボールが1箱ずつ増えてゆく。

 そうして結局中途半端で放棄される部屋の惨状。飛び散る血糊。叫ぶモルダー。崩れ落ちるスカリー。帰らないサマンサ。ボコられるクライチェック。
 私の部屋が片付かないのはある種の超常現象。それなら説明がつく。

 説明ついても解決にはならないんだぜモルダー。

背後ガイスト

2007.07.06
人じゃないかもしれないけどな
 天性の間の悪さ。

 …なんだろうね、こう、何かと間が悪いっていうか風を読めてないっていうかコマゴマと運が無いっていうかそのくせどこかノンキなのでありシャキッとすれ私の背後霊!とか思ってしまう今日この頃だ。
 が、いやいや、人(?)の所為にしちゃいけない。今までなにかとやんわり回避してきてるんだよな、幸運をつかむ能力が無いかわりに悪運に対する強力なバリアはあるような。うむ、背後の人がいれば私は大丈夫。

 …とか、その妙な自信が良くないんだと思う。ガイストは己の中に?ひいぃ。

480円ガイスト

2007.07.03
季節が君だけを変える
 自販機運無さすぎ。

 いや、ちょっとね、吸い込まれちゃったんだ、120円。暑かったしね、モーローとした頭で「あれぇ~(笑)」って感じでもう120円入れたさ。そしたらな、ゴッてな、途中で詰まってるっぽい音がしたんだよ。あっくそ、っつうてさすがに目ェ覚めたさ。冴えた灰色の脳細胞でな、もう1本買えば重みでゴロゴロンとまとめて出てくるに違いないよじっちゃんの名に懸けて!っつてもう120円投入したさ。

 …出てこなかったさ。

 で、あきらめて別なの買ってしまったのがものすごい敗北感。ひいぃ。

ぬる~いガイスト

2007.05.09
人肌かよ!
 第三の温度域、「ぬる~い」。

 この気温の中忙しく歩き回ってたから暑くてね、電車を待つ間にホームの自販でつめた~いお茶をと思ったら、出てきたのはぬる~い。これがドッキリならさしずめ「や~いお茶」といったところか。フザけてんのか。

 まあ百歩ゆずってね、熱いのが出てきたんならね、暑いときに熱いの飲むのはそれはそれでアリじゃんか。でもね、ぬる~いのよ。悪いことにその自販機には陽があたってたせいか、冷えてないどころか中途半端に温まってしまっているのが致命傷。飲めるかボケッ。

 とか悪態つきつつ飲んでみたら、そのぬるさが意外に心地よくって、字面的にはむしろ「あたたか~い」。急に冷たいもの飲むと体に良くないって言うしな、今回は優しいガイストということでひとつ。

 現行の「あたたか~い」を「あつ~い」に格上げして、このぬる~い塩梅を「あたたか~い」として採用してみたらどうだろうとか思った次第。

ピタゴラガイスト

2007.05.04
ピタゴラ装置DVDブック
 本屋から帰ってきたら見知らぬ本が。ひいい。

 いや、もちろん、おもいっきり見知ってる。参考書を買いにいったつもりが、気付けばフラフラと ピタゴラ装置DVDブック だけ買って帰ってきてしまっていた、と。アホか。

 かねてより「ピタゴラ装置まとめたDVD出たら徹夜の時とかエンドレスで流しっぱにするのに」とか言ってたのだから出たからにはいつか買わねばなるまいと思ってたし、頭を潤す資料という意味では参考書なんかより重要と言えよう。
 …だからって今買わなくても、という気はした。2冊いっぺんに買わなくても、とも。ていうか、目的外の本を買うのは構わないから目的の本もちゃんと買えや。

 ドーンと平積みにしてるのを見ちゃったら妙に気分が高揚しちゃって。ひいい。

つめた~いガイスト

2007.04.27
ひやっとした

 肌寒かったのであたたか~いお茶をと思ってボタンを押したのに、出てきたのはつめた~いの。どゆことですかひいい!
 いやさそれより、取り出し口に手を突っ込んだら柔らかくてぬめっとした何かが手に触れてめっちゃびびった。ぬめぬめガイスト。ひいい。

 なんてことはない、正体はそのつめた~いお茶だったのだけど、なんだろな、熱いものに触れるつもりで予期せず冷たいものを触っちゃったので脳みそがびっくりして触覚が狂った、ってところだろうか。脳ガイスト。
 2つの意味でヒヤっとしたぞこのやろう。

 気温が落ち着かない季節です。体調管理には留意されたし。

携帯ガイスト

2007.04.21
なんでじゃコラァ
 ひいい今度は携帯に降霊。

 もちろん、古くてバッテリーがヘタってるってだけだけどな。1日もたないんすから。
 で、買い換えを考えて店をぶらつくのだけど、なんかね、食指が動かないのよ。グッとくるのが無い。っつか、どれも一緒だ(au)。ガイストはむしろそこ。ひいい。

 デザイン対象としてはとても気になるモノなので、機会ある毎につい売り場を覗いてしまう…のだけど、面白いコンセプトのが出てもまあ自分の好みとはズレてるので同コンセプトで自分好みのものが出るまで待ってみようとか思ってたら結局そのコンセプトはその機種だけで終わっちゃってこんちくしょう、ということが今まで何度もあった。
 伸ばせや。熟成させぇや。自作しちゃうぞこんちくしょう。

 んー、どうせ今使ってるのだって消去法で選んだ妥協機種だ、また妥協で買い替えるくらいならいっそこのままで。この機種のバッテリ、まだ売ってるかなあ?

→続き

ポルターガイスト再び

2007.04.09
あけっぱ
 今度は洗濯機のフタが開けっぱ。
 しかも中にはびちょびちょに濡れた衣類が。ひいいい!誰だ!(私だ)

 洗濯機のフタを閉め忘れたがために途中で止まっていて、気付いたのは夕方さ。フタを閉め忘れてたのも大概だけど、洗濯機を回してたこと自体すっかり忘れてたってのがもう、本格的にヤバい。

 脱水まで完了して放置してしまうと洗濯物に凶悪なシワが残ってしまうわけで、そうならなかっただけでも良しとするか。

幽霊がいる

2007.04.05
つけっぱ
 これが噂に聞くポルターガイストか。

 トイレの電気点けっぱ病、再燃。
 あまりにもありえない点けっぱ率なので自分の精神を疑いはじめた今日この頃なのであるが自分の精神を疑うことで精神が病んでしまっては本末転倒であるので幽霊の所為にしてみる今日この頃なのであるが幽霊の所為にしてみたところで電気代がかさんでしまうことに変わりはないので電球を白熱灯から蛍光灯に変えてみようかと検討してみる今日この頃。

 …違う違う、点けっぱにしてもいいような工夫をしてどうする。トイレの電気を消しといてくれる幽霊を呼ぶとか。(それも違う)

エコと言えば

2007.02.06
つけっぱ
 つけっぱなしいくない。
 引越ししてからこっち、トイレの電気を消し忘れ多発。トイレのドアを開けて点けっぱなしに気付き、「あっくそっ」と地団駄。

 で、最近では消し忘れは減ったと思うんだけど、「電気が点いてる」=「あっくそっ」になってしまっていて、「あっくそっ…って、いやいや、今点けたんだった」、と一人で赤面多発。

 地球には優しくなったかもしれないけど痴呆はより進行した感じだ。