>blog



スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



キムタオルTシャツ

2010.06.27
キムタオル・キムワイプTシャツ
 キムワイプ・キムタオル、ご存知ですか。

 要は使い捨てウェス。油や水をたっぷりしっかり吸ってくれて、ケバ立ちも少なく拭き残しがないので重宝する。いや重宝っていうか、研究室には必ず常備してあってごくごく当たり前に “そこにあるモノ” で、うっかり気軽に鼻をかむのに使ったりして教授に怒られる、とかは理系の鉄板ネタ。個人的にはバイクいじりでキムタオルの方を重宝してました。

 で、その配色とロゴがまた 凡庸系超鉄板な塩梅で、しかもそれ以前に 「キムワイプ」 「キムタオル」 という語感と字面の時点で既にキマってるよね、というお話。キマり過ぎてないのがミソだわ。
 ユニクロのコラボTシャツが狙いたいのはこの辺だよね。ネタネタしすぎず、わかる人が気付いてこっそりニヤっとする・わからなくてもそれとなく愉快、っていう。という意味ではロゴは入れない方が良さそうだけどそれだとコラボしにくいか。
 あとブランディングサイトとか作りたくなるよね、すごい勢いでイメージ膨らむわ。

 ところで、メーカーサイトに行ってみたら クリネックスを出してる会社だった。へええ!奥様ご存知でした?

家具としての冷蔵庫はどーすか

2010.04.10
横置き棚型冷蔵庫
 冷蔵庫っつうとただの直方体で、なのにその上空がデッドスペースになってるというのはなんか納得いかなくないか。17インチCRTの上空が腹立たしいのと似た感じで、でもモニタならまあ熱の問題もあるけど冷蔵庫はお前そういう熱じゃねーだろよ。その上空に電子レンジ以外の何を置けと?
 台所然とした台所がある家はそれでいいんだけど、そうではないタイプの間取りも少なくないじゃないですか。特にワンルームとかだと冷蔵庫の融通の利かなさが腹立たしいじゃない?

 というわけでこういうのはどうか。棚として使える冷蔵庫、ではなく冷蔵庫付きの棚。棚システムの一部。台所まわりのものを置いてもいいけど、ワンルーム一人暮らしなら本棚とかにしちゃいたい。核家族ぐらいまでならこの方がよくないか。家電ではなく家具扱い。
 でも調べたら特許だけなら既に出てるのね、商品化は技術的問題でも?あるいは私が知らないだけか。アイリスオーヤマ×東芝 とか無印良品 とか、そっち方向でお願いします。

 あと、熱交換系ってことでエアコンとコンポにしちゃえばいいのに、とか思うんだけどね?

いいことさえも後の祭り的に

2009.12.03
大吉でこのザマか!みたいな。
 深夜帯に占いカウントダウウンとかどうだろう。
 今日の恋愛運は5ツ星でした!・・・・・でした?えー!

 みたいな。あらいやだあと5分しかないじゃないどうしようどうしようあの人に電話しちゃおかなやめとこかな、エイしちゃえ!どっせーい!みたいな残りわずかの限定特売品みたいな効果が。
 深夜の通販番組内でやっても良さそうだ。あのテンションで。今なら健康運1つサービス!的な。

 あるいは、ついさっきまで金運最高だったのにね残念だったねプー、っていう。良かったのに残念、という不思議な状況が発生する。

 モヤモヤさまぁ~ず内も捨てがたいが、個人的には おぎやはぎを推したい。締め切り直前の殺伐としてる時とかに「大吉でこのザマか!」っつうていい感じに殺意沸きそうだ。

はぎわらvsおぎわら

2009.11.24
間違えるやつはお仕置きだ
 衝撃の事実。
 気付く機会は今まで何度となくあったろうに、なんで今まで。

 私は今の今まで、字的には斎藤と齋藤的なもんだと思ってた。しかも読みとも繋がってなくて、「はぎわら、又の名をおぎわら」あるいは「気分で言い分ければいいんじゃない」、ぐらいの認識。
 違う違う、これは気分とかじゃなくておもいっきり間違いだ、そもそも別の字だ。「おぎのつき でもいいけどあえてこだわって はぎのつき」とか「ちょっとヒネって はぎのつき」とかではなく、そのものズバリで「はぎのつき」。ヤマタさんをヤマダさんと呼んでも笑って許してもらえそうだがヤマグチさんと呼んだらものすごく駄目だろう。

 私含め、訂正されるべき側がそんな調子だとさぞかし訂正しにくかろう。まして、訂正され慣れてなくて「なにムキになってんの?」的な空気にしちゃう面倒な人も少なくないだろうから、その難しさたるや。今まで出会ってきた萩原・荻原諸氏に土下座割腹の思い。

 というわけで今後の人生はハギワラオギワラ大使として生きていく所存。ハギワラオギワラに代わってお仕置きよ。

扇風機の新機能

2009.07.18
無風下でやると蒸すので注意な
 扇風機がちょい苦手。あの均一な風に何時間も当たり続けてるとエアコン以上にダルくなるし、かといって首振りにすると風が当たらない時間長すぎ。くそー、無風の日とか死ねる。

 というわけでですね、家電メーカーさんに扇風機の新機能を提案します。
  • よそ見機能:首振り幅調節機能とかでもいいけど、みんなに風をあてるための首振りではなく、一人用首振り。時々一瞬そっぽ向いてくれる感じで。
  • 風量ゆらぎ機能:マジゆらぎじゃなくても、全自動洗濯機の揉み洗いモードみたいのでも随分違うと思うんだ。

 要は、風が均一じゃなくなればいいと思うんだ。モーターとギアだけでどうにかなるという点では前者の方が安上がりでいいかね。いや今時ならTRONでも乗せてバリバリのIT多機能家電にしちゃった方が売れるのか。扇風機にどんな機能ついてたら嬉しいかなあ。ルンバと合体、とか?
 いっそ自動うちわとか無いですかね。夏休みの工作で作ったことあるけど、そういうオモチャなものではなく、メーカーが本気で作ったらいいものできそうですけども。

 既にあるような気もする。今度ヨドバシ覗いてみよう。(追記:首振り角度調整もゆらぎ風も既にありました)

そのチラ見せはどうか

2009.06.16
足指の股はえろいよな異論は認めない
 甲の小さいパンプスは陳列されてるのを見ると可愛いけど、それで指の股が見えたら下品じゃないかい。パンツスーツとかで全身パリっと固めてるのに足指の股がチラリ、とかね、ただそれだけで全身台無し、雑な感じに見えてしまうのだがどうか。背景で手を抜く映画はショボく見えるぜ的な。

 ミュールとかね、股以外も露出してれば下品な感じはしなくって、例えば下駄や雪駄(つまり鼻緒)なんかはいい感じの股演出だと思うんです。股自体が下品なのではなく、意図せず見え「ちゃってる」感が詰めの甘さ感なんだと思うわけです。上物スーツを着る男性が見せるスネ毛並に残念。
 胸の谷間なんかよりよっぽどえろいのに、見せ方がファッションとして未開拓。せっかくのセクシー要素なのにもったいないなあ、とか。

 足指股チラ見せモードに足指股エステ…ネーミング次第では流行って定着までいくと思うんだぜ。

なんというセレブ

2009.06.03
ささやかな優越感
 タバコをカートンで買うと、「携帯灰皿かライター、どちらにします?」と聞かれるわけだが。

 携帯灰皿は何個もいらないので ライターをもらうようにしているのだが、私はジッポーライターを使っているのでよく考えたらライターだって何個もいらない。もらったライターは消費されることなくたまる一方で、部屋の片付けをする度にそこかしこからライターが出てきたりしてちょっとイラっとするのだった。このライターの山をどうしろってのよ?

 とか思ってたんだけど、先日、革新的な選択肢に気付いてしまった。「どっちもいらない」、これだね。
 貧乏性というのか、学生の頃に培ってしまったタダならもらっとけ根性がいまだに抜けておらず、その考えは全く無かったのだ。いらないものはタダでもいらない、我ながら目から超ウロコ。

 というわけで、タダでもらえるものを断る贅沢気分を満喫している今日この頃。なんという小者。

最近の若いのは!

2009.02.25
ロートルて。
 「最近の」ってつける意味がわからない。
 …いや、そこに込められる切ない意図をわかってしまうお年頃ではあるけれど、ここまでつっこみどころ満載な一言も珍しい。スパッと空気を反転させる上手いツッコミを思いつかないまま、気づけばどちらかというとボケ側の歳になってしまい。

 ツッコミはともかく、じゃあ「最近の」ってつけなきゃいいんじゃね?とか思った次第。
×「まったく最近の若いのは常識を知らないよなー」
△「まったく若いのは常識を知らないよなー」
おっ、痴れ事感が3割ぐらい減ってね?でもこれじゃあ当たり前のことを言ってるだけで阿呆みたいだわね、もう一息。「まったく」「若いの」「よなー」も取っぱらってみよう。
◎「(あいつは)常識を知らない」
おお、これはただの陰口だ。しかも、見下したい対象のはずの「若いの」と目線が一緒。それでいいなら言ってもいいけど、陰口って辺りでむしろ格下になっちゃってるのがおわかりか。

 …ね、つまりそーいうことしか言えてないわけよ。みっともないの承知なら建設的方面に振りようもあるんだけど、わかってないのはあいつで私は悪くないスイッチ、が入っちゃってる愚痴は取り付く島もない。いい年して「私の常識非常識」が身に凍みてないのはどーなんだ。

 「最近の若いのは」、歳を逆手にとって自嘲的かぶせボケ方面で活用してみようかしらん。

メモシステム

2009.01.28
システム化すりゃいいのか
 これでひとまず納得かな。

 何かっつうとシンプルにしておきたいタチで、メモ類もどうにかノート1冊に諸々を集約しておきたい。加えて、職業柄なのかなんなのかコピー用紙とかに図主体でガーっと書くように頭ができていて、それをなんかうまくとっておけないかなあ、と。
 その辺やっと解消できてきたかな、というのが上図(クリックで詳細)

 構成的には珍しくもないと思うんだけど、これのキモはアレです、付箋下敷き。それが冒頭で言ってる「1冊」で、システムの基幹。他はメモ効率を上げるためのオプション。
 いやホラ、こうやって構成要素を並べちゃうと、ノートをベースにしたくなるでしょ。そうじゃなくて、好きな紙に好きなだけガーって書いていいのに作業管理上はその付箋下敷きだけ見ればいい、ってのはありがたい。私が言うところの4次元思考にかなり近い形のメモシステムで、紙を記録媒体としてだけではなく情報処理装置として使うのがミソよ。

 …いや、どうなんだ。

たとえば君がいるだけで

2009.01.20
お米があれば何もいらない
 何を食べたいか聞かれて悩んだ挙句「お米」とか言っちゃっては微妙な顔をされる私だ。いや、お米大好きやねん。美味しいお米が食べれたらそれだけで幸せ。

 で、おいしい米を食わせるお店はどうだろうか、と。
 日替わりで銘柄3種類ぐらい選べてさ、トッピング(?)もシャケの皮とか海苔とかお粥とか塩とか選べんの。コシヒカリ並盛り380円+黒い塩30円とか…うわあ、なんて幸せなランチでしょう。ふりかけ系は取り揃えておきたいな。のりたまとか。あときき米メニューな。

 …あのね、お米は旨いですよ?母方の実家が農家だったのでお米に対してだけは舌が肥えてるのだ。そこらの量販店で売ってるブランド米なんて混ぜ物まみれで、隅っこに置いてある激安米と大差ないやそれなら安物でいいや、ってなっちゃうぐらい、本物純粋なお米は突き抜けてる、格が違う。おかずなしで成立するくらい旨い。
 味で言うなら、美味しいお米はそれだけで勝負できると思うんだよね、そっち方面の勝負アイディアならなんぼでも出てくるよ。問題は「所詮は米でしょ?」っていうイメージを一撃で払拭する強力な店名とかそっち方面の勝負だな。
 コンセプトは「枯れたお米の水平思考」。やっべ、これ流行るんじゃね?出店じゃー!

 とか妄想してたら半日潰れてしまった。大丈夫か。

マー

2008.03.15
スネちゃま
 今まで気付きませんでした。
 首から下が魚ならなんでもアリですかそうですか。じゃあ…

 絵面的にはマーキリンとか面白いかなあとか
 マー小便小僧は水をどこから出すのだろうとか

 …つまらねえ。つまらねえ。枯渇している。枯渇している。こういうのって、酔ってるときにハマると爆発的に面白いのが出てくるよね、げひゃひゃひゃ!ってやつが。

 で、酔いがさめて思い出してみると何が面白いのかサッパリ、っていう。あるある。

私は太らない

2007.10.27
食べる前に飲む(邦衛)
 出せば貯まらないの法則。

 それはネタか?と言われてしまうくらい食事に関して不摂生な私だ。
 そりゃ、高次元でバランスのいい食事が出来りゃ文句なしだろうけども、それが無理なら、部分的な高栄養を摂るよりは(例えばヘルシーとか言ってサプリや野菜で誤魔化そうとするよりは)、バランスよく不摂生な方が体には優しい気がするよ。

 アベレージが低くてもバランスがとれてさえいれば、あとは水をがばがば飲んどきゃ体が勝手に判断してくれる。水に溶かしておけばカラダさんは取捨選択しやすいはずなのだ。だからトイレは我慢しない主義。我慢して体内にとどめておいたらその間にも余計な何かを吸収しちゃうからな。カラダさんが「これイラネ」っつったら「了解!」っつうて速攻排出。
 呑みに誘われて脂っこいものをもりもり食べても太らない、のはそんなわけ。呑んで、飲んで、がばがば出す。

 脂は水に溶けないよ、というツッコミはノーセンキューだ。気合があれば何でも溶ける。

「白線の内側までお下がりください」

2007.09.23
これは内側。
 これは見事な内側ですね。
 でも、こういう↓タイプのホームならどうだ。
内側か?
 この場合は内側って線路側?志村、内側内側!みたいな。

 そんなことで吹き出してしまう今日この頃だ。全然元気。

ガイアの夜明け

2007.08.12
インターネットはニトロたりえるか
 ガイア理論っつうとまあオカルトじゃないにしろなんか神秘主義的っていうかPTA御推奨的に語られてしまうことが多かったわけだけど(それもナシではないとは思うけど)、そうじゃない、科学としてのガイア感がね、人類共有の概念として浸透しつつあると思うんだ。
 インターネットはその例というか加速剤というか教材というか、ロートル共(ワタシ含む)にもわかりやすいモノサシというか、例えばクリエイターの心意気的には現行著作権なんてむしろ有害でありそのまま“遵”守だ云々とやってる場合ではないわけだけれど(曲解注意)、その云々のされ方で「自称クリエーター」という群におけるガイア感浸透具合が測れる?みたいな。

 …とか、今頃そんなこと言ってる時点でロートル感満点だ。ちくしょっ。

ここだけ白い

2007.07.12
隙間広告
 日焼け跡のようで若干エロチックなオビの裏。

 最近はもう装丁に凝りまくりの本とか多くって、カバーをめくったらお得気分が味わえる仕掛けとかしてあったりするやんね。本体に何か書いてあったり、カバーの裏に何か書いてあったり。んで、オビも凝ってたりしてさ、これはもうカバーだろってぐらい凝った紙に太いオビでデザインしてあったりとかする。

 でもオビの裏は白いままだ。ここ遊べるんじゃね?…既にあるかな。

 ときにウェブ媒体って「裏面」が無いね?フチっていうか隅が無いというかスキが無いというか事象の果てまで制御下というか…いや、そもそも平面ではないのか。裏表も境界も無い曲面?クラインの壺か。ウェブは4次元たりえるだろうか。

余談>オビのハナシしてんだからメビウスの帯にもってけば綺麗なのに、と後で気付いた…んだけどそれだとまた別方向に話が転がってゆくのでそれはまた後日。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。