FC2ブログ
 

>blog



温泉とバイク乗り

選択せよ
 学生の頃はといえば何かっちゅうと「温泉行こうぜー」だったような。でもそれは別に温泉じゃなくてもよかったっつうか要は走りたかっただけなのだ。バーっと走って、一息ついて、バーっと帰ってくる。ただそれだけでいいスポットって温泉ぐらいのもんで、なんならたどり着かなくてもいい、一回りして自分ちの風呂でもいい、いっそ帰らなくてもいい、っていう。基本、予定は未定で意味なんて無く、走った轍が意味になるっつうか意味のために走るわけじゃないっつうか走ることそれ即ち選択なのであり、それには温泉が最適で。

 んで、このトシにしてまたしみじ思うのね、「温泉行きてぇー」。
 それも結局は「走りたい」とほぼ同義語なのだけど、何かを振り切って、どこかで前後を入れ替えて、振り切った場所に帰ってくる、と、それは確定事項であり意味が先にあり…その良し悪しはともかく、そうなると湯船に浸かること自体が意味を帯びてくる。命の洗濯ってやつだ。その、前後を入れ替える気点としてはやっぱ温泉かねえ、とか。
 洒落るわけじゃないけれど、「命の選択」だったものが「命の洗濯」に。なんてね。

 いやさ、定型句的リクツに酔ってねーでとっとと走れって話。