FC2ブログ
 

>blog



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



眼鏡者のジレンマ

気にせんと普通に上げときーや
 どうやってもかっちょよくなってしまうのだ。

 例えばドラマなどで俳優が見せる諸々の仕草というのはかっちょいいけれど、あれはドラマの中だから成立する演出であって現実にああいう動きをする人がいたら気色悪い。でも困ったことに、こと眼鏡を上げる仕草に関してはドラマで見かけるあのまんまで、残念ながら現実でもかっちょいい。
 だがそれは眼鏡者にあるまじき。かっちょいいのは格好悪い。かっちょよくない眼鏡の上げ方を日々探求しておるのだが、どうしてもかっちょよくなってしまうのだ。

 君が憧れたメガネに私はなれているかい?と幼少の自分に問うにつけ、半端な覚悟でメガネを上げるわけにはいかないのだ。誰が見てなくてもあの頃の私が見ている筋金入りの眼鏡者。

 そうして今日も私は命を削ってメガネを上げる。そのうち必殺技的なものが出そうな勢い。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。